株式会社タカギ

水を考える

浄水や水のことを、少しだけ考えてみる。すると、地球に、人に、家計にももっと、やさしくなれるかもしれません。日本の降水量は世界平均降水量の2倍しかし、国土に対しての人口が多いから、 一人当たりの水資源は世界平均の半分。つまり、日本の水資源は不足しています。なのに、日本は水資源を20%しか、使っていません浄水や水のことを、少しだけ考えてみる。すると、地球に、人に、家計にももっと、やさしくなれるかもしれません。日本の降水量は世界平均降水量の2倍しかし、国土に対しての人口が多いから、 一人当たりの水資源は世界平均の半分。つまり、日本の水資源は不足しています。なのに、日本は水資源を20%しか、使っていません

少しだけ、視野を広げたお話をしましょう。
四季に彩られ、緑と自然が豊かな日本には、年中各地にたくさんの雨が降ります。しかし、人口1億2千万人に対する国土の大きさとしては、決して広いわけではありません。そのために、一人当たりの水資源は、世界平均の半分にも及びません。
こうした問題は、日本に限らず、イギリス、イタリアなど、国土が小さな先進諸国における共通の課題でもあるようです。水の枯渇は世界的にも深刻な問題ですし、そもそも、地球上で私たちが利用可能な水は、0.01%しかありません。だから、限りある資源は貴重に使う。これが地球に優しい気遣いかもしれません。
ここで気になるのが、水資源に余裕が無い日本が、その水資源の80%を、結果的に未使用のまま海に流してしまっていること。狭い国土に山岳地帯も多いため、川から海へ流れ出しやすい条件もありますが、なんとも勿体無い話です。
そこで、こうした問題を改善する方法が一つあります。
日本は、世界196ヶ国の中でも安心して水道水を飲める国15ヶ国のひとつ。水道水を安心して飲める数少ない貴重な環境です。だから、その水道水を有効に使うこと、それも日本の水資源を有効活用する方法です。そして、そのツールとして、浄水を利用することは、ひいては、地球に、自然に優しい解決策と言えるのかもしれません。
地球を大切に。限られた日本の水資源を大切に。
※国交省「水資源」を元にタカギで作成

水イメージ

水イメージ

水イメージ

水イメージ

飲む水

水質検査項目で比べると水道水:51
ミネラウルォーター:43…
だから「飲む水」

日本の水道水は世界的にも安全性が高いと言われ、水道法で定められた5 1もの厳しい検査項目をクリアしています。その項目数は、ミネラルウォーターの項目数(43項目/食品衛生法)を上回ります。さらに、水道水には消毒のために塩素が使用されていますが、この塩素が、他の有機物と反応してカルキ臭の原因となり、水の味わいを損ねてしまうのです。蛇口一体型浄水器は、しっかりと塩素を除去。おいしいお水が楽しめます。

法律で定められた水質基準項目

料理の水

人は1日2リットルの水が必要…
だから「料理の水」

人は、1日に約2 . 5リットルの水分を体の外に排出していると言われています。そのために必要な水分を、食事・体内で作られる水・飲み水で補っていて、そのうちの半分近くが食事から摂取する水分となっています。飲む水のことだけでなく、料理の水にも気を使いたいですね。お味噌汁を作る時、煮物を作る時、蛇口一体型浄水器なら、飲む水だけでなく、料理にもたっぷり浄水が使えます。
※環境省「熱中症環境保健マニュアル2014」を元にタカギで作成

1日の水分(約2.5リットル)の出入り

洗う水

食材のビタミンを壊さないため…
だから「洗う水」

水道水に投入されている殺菌のための塩素は、お米や野菜に含まれるビタミンを分解してしまいます。お米はとぐ時、野菜は洗う時・洗った野菜を水に浸けておく時からビタミンの分解がはじまると言われています。特にお米は、とぎはじめの水に浸けた瞬間から、たくさんの水を吸いはじめるとも言われていますので、はじめから浄水を使いたいですね。蛇口一体型浄水器なら、蛇口の先端に浄水器を内蔵しているので、お米をとぐ水はもちろん、野菜を洗う時など料理の下ごしらえから浄水が使えます。

水道水の場合/浄水の場合イメージ

水源汚染と残留塩素が
水道水に与える影響とは。

水道水の水源となる地下水や河川水の汚れは、そのまま水道水に影響を及ぼします。また安全な水道水をつくるため、消毒用の塩素が投入されています。水道法では、家庭の蛇口から出る水に、最低でも0.1ppmの残留塩素があることが決められています。さらに、その塩素の投入量には上限が定められていません。蛇口一体型浄水器は、水道水中の残留塩素や不純物を除去し、水を本来のおいしさに戻します。

DPD試薬による残留塩素測定

塩素の殺菌能力

塩素の殺菌能力は、
掃除や皿洗いに有効!!

水道水に投入されて<含まれている>いる塩素は、消毒<殺菌>能力があるあけですから、食後の後片付け、シンクのお掃除には、その効果を有効に使ってみてはいかがでしょうか?

塩素の殺菌能力イメージ