株式会社タカギ

新TVCM「ミネラル篇」の舞台裏

2017年夏からタカギTVCMの新バージョン「ミネラル篇」がはじまります。
清潔感・透明感・シンプルさ、生き生きとしたナチュラルなライフスタイルが幅広い層に支持され続ける山口智子さんが登場。
素朴な「水」の疑問への気付きから「水道水にもミネラルが入っているなら、もうこれで良いですよね!?」と語りかけます。
そこで、今回はその制作陣頭指揮をとったクリエイター永野弥生さんに、なかなか聞けない制作の舞台裏をお聞きしました。
※舞台裏のお話は3~4分で読めます。

まずは、今回の「ミネラル篇」の企画に至った経緯について教えてください。

詳細を見る

永野さん:

そもそも私自身が、タカギさんのお仕事をするまでは、水道水の中身のことなんて、考えたことがありませんでした。そりゃあ多少は水道水にも、水である以上は、ミネラルか何かは入っているだろうとは思っていましたが、それもミネラルウォーターほどの量ではないだろう…と。ましてや、浄水にして濾過してしまったら、ミネラルも含めて、カラダに良い成分も一切合切もって行かれるんだろうな~と思っていました。
多分、浄水を使っている人の中でも、私に似た印象を浄水に対して持つ人は少なくないのでは?今回のTVCMは、そんな人に対して、浄水への新たな気づきになればと思って企画に携わりました。

山口智子さんを起用するのは今回で2度目ですが、どんな印象をお持ちですか?

詳細を見る

永野さん:

山口智子さんは、仕事に対する意識がとても高い方ですね。今回の撮影にあたっては、予めタカギさんの浄水器を実際に使ってみてくださったり、実際に、台詞回しに関しても、かなりご自分で考えてくださった、ご意見やご提案を頂きました。

因みに、どんなディスカッションがあったんですか?

詳細を見る

永野さん:

今回のテーマは、ミネラルウォーターと同等のミネラルが浄水にも残っているって話なんですが、それってどの程度残っているのか?とか、そもそも水道水の中のミネラルの量は、本当にミネラルウォーターと戦えるくらい入っているんですか?という、そもそも論からディスカッションははじまりました。
山口さんは、もともと世界中を旅して、自然を守りたいという意識も高い方なので、自然の水の価値を再認識したい!というメッセージは強く伝わってきましたね。そのうえ山口さんは、視聴者を代表して、ミネラルのテーマを語るわけですから、そのメッセージにどの程度のテンションで臨むべきか?こだわっていました。それは(視聴者の)『ミネラルの量は、どの程度入っているの?』への理解にも変わるでしょうからね。そんな山口さんの仕事への姿勢には、とても感心させられましたし、とてもありがたかったです。

ポイント:水道水に含まれる「ミネラル」ポイント:水道水に含まれる「ミネラル」

「ミネラル」は人間が必要とする基本的な栄養素のうちの一つ。
カルシウムやマグネシウム、リン、ナトリウムなどの栄養素を総称して
「ミネラル」と呼ばれています。

栄養素として欠かせないミネラルは、
骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。
必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないため、
食べ物や飲み物で補う必要があります。

市販のミネラルウォーターもよく選ばれますが、
理由は、水道の水より“安心”で“ミネラルが豊富で価値ある水”という
イメージを持たれているからではないでしょうか。
ところが実際は、右表のように日本の水道の水にも
ミネラル成分がちゃんと入っています。
そして、この事実を知らない人が結構多いのではないでしょうか。

蛇口一体型浄水器はミネラルはそのままに塩素をしっかりと除去。
水を使う直前で本来のおいしさに戻してくれます。

ということは、タカギの浄水でいいってことですよね!?

撮影の雰囲気はいかがでした?

詳細を見る

永野さん:

撮影は、飲料系のCMを得意とするチームで構成しましたし、山口さんもよくご存知のスタッフだったので、非常にいい雰囲気の中で、進みました。
山口さんも事前に役作りをしっかり準備して現場に入ってくださったので、すぐに、「(内容的に)今のだよね!」って、みんなが感じる仕上りとなりました。

「ミネラルそのまま」というメッセージが多くの視聴者に届くといいですね。

詳細を見る

永野さん:

前回の作品を企画した背景には、日々スーパーで購入した重いペットボトルを運ぶ主婦の負担を思い浮かべながら、その問題を解決したいと考えていたら、到達した内容でした。そして、その続きが今回であって、「もうこれ(=浄水器だけの水で)で良いですよね!」って、山口さんのセリフに繋がってます。
宅配水やペットボトルのケースを買っても、家の中で移動させるのですら大変ですし、置く場所に困ったりします。そんな問題を解決するための提案。たった浄水器を取り付けただけで、幸せになる話って、伝わればいいなあって思っています。

株式会社電通九州 コミュニケーションデザイン局 クリエイティブ1部長
クリエイティブディレクター

永野 弥生

現役プランナー&コピーライターながら、クリエイティブディレクターとして現場も仕切る。
前作「人って水だ」も担当。

TVCM

20017年5月より毎週木曜日の19時台に全国で放送しています。

  • 新CM「ミネラルそのまま」篇

    新CM「ミネラルそのまま」篇
    <15秒版> <30秒版>

    【ミネラルそのまま篇/山口智子さん台詞】
    初めて知りました。
    水道の水にもミネラルがちゃんと入ってる。
    ということは、
    それをしっかり残せるなら、
    もう、これでいいってことですよね!?

  • 新CM「継続利用者数No1」篇

    新CM「継続利用者数No1」篇
    <15秒版> <30秒版>

TVCM バックナンバー

提供番組:テレビ朝日系列「サタデーステーション」提供番組:テレビ朝日系列「サタデーステーション」