株式会社タカギ

FAQ

浄水器 Q&A一覧に戻る

中カテゴリ:還元水素水整水器 pH-eel9.5

ご使用方法

Q生成した水で薬を服用してもいいですか

Answer

医薬品を還元水素水で服用しないでください。

Q持病があるが、使用してもいいですか

Answer

医師と相談の上、飲用の判断をしてください。ただし、腎臓に疾患のある方は、飲用しないでください。
また、飲用後に体調不調になった場合は、すぐに飲用を中止し、医師と相談してください。医薬品を服用する際は、還元水素水を利用しないでください。

Q妊娠している場合でも還元水素水を飲用していいですか

Answer

妊娠前にも飲用されていて問題がなければ、心配されることはないと考えます。気になるようでしたら、かかりつけの医師へご相談されることをお勧めします。
なお、医師へご相談される際には、アルカリイオン水について、次の3点をお伝えください。
1、飲用して胃腸症状の改善効果が認められていること
2、電気分解により得られる弱アルカリ性の水であること
3、カルシウム・マグネシウム等のミネラルが水道水よりも増加していること

Q赤ちゃんに飲ませても問題ないでしょうか

Answer

赤ちゃんには還元水素水を与えず、浄水を与えてください。還元水素水で作ったミルクも与えないでください。

Qボトルに入れる水は、浄水だけですか

Answer

ボトルに浄水以外の液体は入れないでください。
牛乳・麦茶・お茶パック・ジュース・コーヒー・紅茶・市販のミネラルウォーターなどは入れないでください。故障及び体調を損なう原因になります。

Q地下水で還元水素水を作ってもいいですか

Answer

飲用に適合した地下水であれば、みず工房で浄水してご使用いただけます。
水質によっては生成水のpH値が低いことがあります。飲用前にpH測定し、pH値を確認してください。pH値が低い場合は、電解補助剤(グリセロリン酸カルシウム)でpH値を促進させてください。
※電解補助剤は別売品(JHAL9003)がございます。

Qお湯で生成してもいいですか

Answer

お湯は使用しないでください。変形・変色・破損の原因になります。

Q還元水素水整水器のボトルを冷やしてもいいですか

Answer

ボトルは冷蔵庫で冷やしても問題ございません。
※注意事項※                                                 ・冷凍庫にはいれないでください。ボトルが凍結して破損する恐れがあります。          ・ボトルの水は、一日たったら捨ててください。放置すると雑菌が繁殖する恐れがあります。  ・水質によっては、pH値が上がらないことがあります。

Qボトルは洗ってもいいですか

Answer

キャップ・カルシウムキャップ・透明容器・酸性水タンクは食器用洗剤(中性)で洗うことが出来ます。食器用洗剤(中性)を使う場合は、洗った後に水道水でよくすすいでください。また、洗浄後は、水をよく切り、乾燥させて保管してください。

Q食器洗い機を使用して洗ってもいいですか

Answer

食器洗い機を使って洗浄しないでください。変形・変色・破損の原因になります。

Q電極に白い異物が付着した場合は、どうしたらいいですか

Answer

白い異物は、水に含まれるカルシウムが固化したものです。飲用しても害はありません。   カルシウムは、オーバーホール洗浄で除去してください。
なお、オーバーホール洗浄剤(クエン酸)は、別売品(JHAL9002)のご利用ください。

QpH値の測定はどのくらいの頻度が必要ですか

Answer

pH値の測定は、還元水素水を作るための所定のpH値(8~9.9)到達しているか確認するために必要です。使用開始前に必ず行っていただき、その後は1ヶ月に1回程度行ってください。
pH値が低下してきた場合には、電極が汚れている可能性がありますので、オーバーホール洗浄を行ってください。

Q還元水素水の生成中にボトルを外した(外れた)場合は、どうしたらいいですか

Answer

還元水素水を生成中に制御ボックスからボトルを外した(外れた)場合には、生成途中の還元水素水・酸性水ともに捨ててください。その上で、ボトルをすすいだ後、再度、浄水を入れて生成を行ってください。

その他

QpH‐eel9.5の還元水素水には、どのような効果がありますか

Answer

胃もたれや胃の不快感を和らげ、胃腸の働きを助けてお通じをよくする効果がございます。

Q連続式と比べて効果や性能(pH値)に違いがありますか

Answer

pH‐eel9.5は、厚生労働省の医療機器認証番号を取得した製品です。
医療機器認証番号を取得している還元水素水整水器は、連続式・貯槽式にかかわらず、同等の効果を保証されています。